船舶免許を取ろう

Ships license

何に乗りたいかで必要な免許が変わります

The difference in the license by ship

ボートを操縦するためには資格が必要です。

ボート(ヨット)に乗りたい方

■1級小型船舶操縦士
■2級小型船舶操縦士
■湖川小出力限定(20馬力未満)

上記免許のいずれかの資格が必要となります。

水上オートバイに乗りたい方

■特殊小型船舶操縦士

ボート(ヨット)と水上オートバイの両方に乗りたい方

■1級小型船舶操縦士 または
■2級小型船舶操縦士
    +
■特殊小型船舶操縦士

両方の免許が必要

資 格 資格対象の船 航行区域 旧制度の資格
1級小型船舶
操縦士
※総トン数20トン未満
(水上オートバイを除く)
※無制限 一級
二級
総トン数5トン未満
(水上オートバイを除く)
※無制限 ―――
2級小型船舶
操縦士
※総トン数20トン未満
(水上オートバイを除く)
※平水・海岸から5海里以内 三級
総トン数5トン未満
(水上オートバイを除く)
平水・海岸から
海里以内
四級
湖川小出力限定
(20馬力未満)
総トン数5トン未満
(水上オートバイを除く)
機関出力15kw未満
※川または湖 四級(湖川小馬力)
五級(湖川小馬力)
特殊小型船舶
操縦士
水上オートバイ ※水上オートバイの
行区域
(陸から2海里以内)
四級(湖川小馬力)
及び五級(湖川小馬力)
以外の資格には含まれ
ています

※旧制度資格取得者には特定(車でいう2種)免許がついています。

実技講習で慣れ親しんだ船で、試験を受けられます。

ウインドウェーブでは、実技講習で使用した船を、そのまま試験でも使用することが出来ます。
船の癖などを知った船で試験を受けることで、合格率もさらにUPします。

受験資格

年 齢 2級15「歳9ヶ月以上 (1級は17歳9ヶ月以上)
※2級18歳未満は5トン限定の免状が発行されます。
18歳以上時に自動的にスライドして20トンまでの免許となります。
1級小型船舶は18歳以上です。
身体検査の基準 視力…片眼0.5以上(矯正可)
弁色力…正常  ※特に色弱の方、ご相談下さい。
聴力…両耳とも30cm以上離れて秒針音が聞こえること。
その他、適正検査基準に合致していること。

合格発表・免許交付

学科試験・実技試験

制度になり、総合採点方式に改正されました。
詳しい事がわかり次第更新いたします。
合否のお問い合せは 、当スクール(11:00〜19:00)にお電話で!  
TEL 0266-52-2285

免許交付

総合発表後、約7日間で海技免状は交付されます。
当スクールで印鑑と御一緒にお渡し致します。
遠方の方は、お送り致しますのでお申し出下さい。
(送料お客様負担です。)
数々の難関をクリアしてついに免許がもらえた時の喜びは格別です。

今まで味わえなかった新しい世界があなたを待っています。
当スクールは、全力で免許取得者をサポートいたしますので
安心してお任せ下さい。

合格率

ウインドウェーブでは学科、実技とも高い合格率を維持しております。
下表の全国平均と比べてみて下さい。

当 校
1級 2級 湖 川 特 殊
学 科 84% 100%  100%  98% 
実 技 100% 97% 100%  99%

(平成18年4月~9月)

全国平均
1級 2級 湖 川 特 殊
学 科 80%  91% ―― 94%
実 技 98% 97%  ―― 97% 

(全国平均)

免許のステップアップについて

新免許制度への以降にともなう大きな特徴は、2級小型船舶操縦士(以前の5級)か特殊小型船舶操縦士(※湖川小馬力は除く)取得後になりますが上級へのステップアップが免除有りにて可能となります。

実技試験免除
図中横へのスライドは、実技試験が免除!

②2級小型船舶操縦士から ①1級小型船舶操縦士に進級する場合は、
運航(上級Ⅰ・4分野)と運航(上級Ⅱ・2分野)の学科試験で進級することができます。
その場合、実技試験は免除となります。

下記のスライドは学科試験・実技試験が必要。

③から②、③から④、④から③、④から②への進級は、学科試験・実技試験が必要になります。

一部学科試験免除
ボートと水上オートバイスライドの場合一部学科試験が免除

②から④又は④から② への進級については一部分、学科試験が免除されます。

申込書類

郵送先

〒392-0027 長野県諏訪市湖岸通り一丁目4番1号 (有)ウインドウェーブ  
TEL 0266-52-2285   FAX 0266-58-2691

受講申込み用紙 1通
試験日・種別をご記入下さい。講習希望日を3日位記入して下さい。
ステップアップの方は旧海技免状も添えてご提出下さい。
住民票
(※本籍地記載)
1通
ご家族の分も含まれている場合は、全部提出になります。
6ヶ月以内のもの。                
写 真 2枚
4.5cm×3.5cm縁無し(カラー・白黒…どちらでも可)
6ヶ月以内に撮影されたもの 顔正面 無帽 無背景
規格要件に満たない場合は撮り直していただく場合があります。
裏面に氏名を記入。
※船舶・特殊同時受験の場合は4枚
 委任状                1通  
身体検査証明書
(指定用紙を使用)
A4サイズ
試験当日の身体検査が可能です。費用2,000円です。
※指定用紙を使用
(申込み店にあります。HPからも取り出せます。http://wind-wave.jp)
住所欄は住民票・自動車運転免許証に載っている現住所の記入でお願いします。
上記写真を1枚貼ったものを歯科医師以外の病院で検査を受けて下さい。
必ず写真に医師の割印を押してもらって下さい。
費用は病院によって異なりますが、2~3,000円程度です。
(総合病院は割高)
同意書
(指定用紙を使用)
A4サイズ
特殊受験の方のみ
特殊を受けられる場合は、指定用紙に記入・捺印下さい。
受験料
※初回講習日までにご入金ください。
上記書類と受講料を添えて、お申し込み頂き入校手続きとなります。
※ 尚、受講料の有効期間は3ヶ月とします。
※ 受講料の返却は如何なる理由があってもいたしません
締切日 試験日の2週間前!
プリントアウト申込書
*A4サイズでプリント
アウトして下さい。
●WINDWAVE BOAT LICENSE SCHOOL受講申込書
●委任状
●同意書
●身体検査証明書
●証明書記入要領
●顛末書

出題問題例

1科目 小型船舶操縦者の心得及び遵守事項

問:陸上交通と比べた場合の水上交通の特性について、述べた次の文のうち、適切なものはどれか。
(1)水上では、外力の影響により同じ位置にとどまることが陸上ほど簡単ではない。
(2)水上は見通しがよいので、周囲の安全確認が陸上ほど重要ではない。
(3)まわりに他の船舶がいなければ、どこでも高速で航行することができる。
(4)陸上と同じようにガソリンスタンドがあちらこちらに設置されている。

答え (1)

2科目 交通方法

問:航行中の2隻の動力船が真向かいに行き会い、衝突するおそれがあるときの航法として正し
  いものは次のうちどれか?

(1)互いに針路を右に転じる。
(2)速いほうの船舶が、他船の針路を避ける。
(3)互いに針路を左に転じる。
(4)遅いほうの船舶が、他船の針路を避ける。

答え (1)

3科目 運航

問:小型船舶の操縦特性について述べた次の文のうち、適切なものはどれか。
(1)向かい波より追い波を受けて航行すると、舵効きがよい。
(2)船の型に関係なく、速度が遅いほど舵効きがよい。
(3)一般に、船外機船より船内機船のほうが舵効きがよい。
(4)船内機船では、後進時よりも前進時のほうが舵効きがよい。

答え (4)

0266-52-2285
FAX 0266-58-2691

〒392-0027 長野県諏訪市湖岸通り一丁目4番1号

有限会社ウィンドウェーブ

〒392-0027 長野県諏訪市湖岸通り一丁目4番1号
TEL 0266-52-2285 FAX 0266-58-2691
<免許試験・講習料お振込先>
八十二銀行 諏訪支店 普通 542489 
(有)ウインドウェーブ